チップのお金はキッチンの人も含めて公平に分割したが、それでも僕がかすめとっていると疑うものなのである。稼げない人間は常に稼げる人間を詐欺師か犯罪者だと思うものである。今でも思い出す。ある日、千円しかもらえなかった日に十人で分割した際に、はっきりと彼らは僕に対して猜疑の目を向けたものだ。

そういえばニーチェが言っていたかな?――貧しいものには与えるな、奪わせるのだ、と。与えると彼らは僻むのである、と。

自分の希望を叶えるには、まず人の有能感を満たすこと | digi-log