“「お年寄りの為に獅子舞やってください。一銭も払えませんが。。。」
なんて老人ホームからの問い合わせが年間に50件近くある。

「僕も生まれ育った土地のご年配の方です、
 感謝もありますので交通費だけでいいですよ。」
なんてわざと葉っぱかけてみるけど、
「いやぁ、払えないんですけどね。でも喜んでもらいたいんですよ。」
なんていう。
「お前が企画してるんだから本当にお年寄りの為なら
 お前が身銭切れって言ってるんだよ。」
って思うけど、ばかばかしいから言わない。
ひねくれているがそんな言い回しされると妙にやる気が起きない。

「お年寄りの為に獅子舞やってください。一銭も払えませんが。。。」じゃなくて、

「今経営難でお金がないんですが、どうか獅子舞やって頂けませんか?」
と言われれば男気見せるかもしれないし
「ありがとうございました。
 お年寄りの方が喜んでくれましたよ」じゃなくて、

「ありがとうございました。
 これでお客さんが増えて景気がよくなったら必ず次はお礼します。」
って言われれば納得するのである。何をかっこつけてるのか、年寄りを利用して。

芸の価値は金だけではなくて、もっと価値のある価値である。
昔こんな事があった。

「お兄ちゃん。友達が誕生日なんだ獅子舞やってよ」
なんていう7歳の子供がやってきた。

「嫌だよ、獅子舞を仕事にしているんです。ただでなんてやりません。」
なんて断る。

ほんの冗談の会話である。

ところがこの子、5人の友達を連れてきて、500円持ってきた。
「これしか払えないけど、やってください。」
「本気だったのか、やってやるよ、(500円)いいからしまっておきな」
「だってお兄ちゃんの仕事なんだからそれはだめだ」
っと言って引っ込めない。。。5人で100円ずつ集めて持ってきたらしい。

その日の夕方、家にいろんな細工とお菓子を用意して獅子舞をした。
「今日はお兄ちゃんが引き受けてくれたからいい誕生日になったよ、【ありがとう】」

金だけの価値で言えばお菓子も細工も身銭きってるので赤字!
だけど、もっとすごく大事な事を教わった。
それから二年たつけど、その500円はなぜか使えないし
未だにこの子に会うと頭が下がるのである。

この子は俺にとってはなかなかの旦那である。”

加藤俊彦 - 「お年寄りの為に獅子舞やってください。一銭も払えませんが。。。」… | Facebook (via gothix)

出典: gothix






さっきイタリア人の男友達に
都議会のやじの話を振ったら

「知ってる知ってる!!男性議員が女性議員に『俺と結婚したらいいじゃないか』とか『俺の子を産んで!』って言ったんだろ!!すげぇよな!!イタリアでもめったにない口説きだぜ!?!!」

って言われたんだけどちょっと待て。

Twitter / mintia512 (via tkr)

出典: twitter.com


“フェルミ推定やらホワイトボードコーディングやらを入社試験に取り入れていたgoogleの人が、それらが役に立たなかったと言い、「それよりも、持論が間違っていた時も議論を経て素直に考えを改めれる人こそ本当に役に立つ」的な事を言っていたのが印象的だった。幼い人は考えを改めれない。”

https://twitter.com/kumagi/status/488216891157004288 (via bgnori)

出典: bgnori



“NHKで「プロジェクトX」という人気番組があった。そこで紹介されるプロジェクトは、ほとんどすべてが突貫工事と長時間労働のドラマだった。視聴者に、あたかも、突貫工事と長時間労働こそが素晴らしい製品を生み出すかの誤解を与えるものであった。 あの番組を見て違和感を覚えたエンジニアは多いはずだ。私が駆け出しのエンジニアの頃上司から受けたアドバイスは、あのような番組を真に受けるなということだった。”

読むために生まれ: 若いエンジニアへ (via ingurimonguri)

出典: ingurimonguri


“苦労と言っても将来の糧になるのは
自発的な苦労だけですよ。
苦学したり会社を立ち上げたり、、、などの
苦労は確かに人生の役に立ちますが
受容的な苦労は人間を駄目にします。
イジメ、パワハラ、セクハラなどやられた人は
欝病になったりして精神が破壊してます。
こんな苦労は逃げた方がいいです。
介護などの一人で抱えきれない問題も
人に助けを求めるべきだと思います。”

苦労したことが人生の糧となりましたか? 苦労を来糧と同じ読みで言う人を知って… - Yahoo!知恵袋 (via szkmkt)

出典: szkmkt




wideangle:

小早川秋聲って画家の「国の盾」という絵がですね、非常に物議を醸しそうな絵なんですが、凄い絵でしたねえ。当時の非常に愛国的な動機から描かれた絵であるにも関わらず陸軍が受け取りを拒否したという。 (via Twitter / mknhrk: 小早川秋聲って画家の「国の盾」という絵がですね、非常に物議を …)

wideangle:

小早川秋聲って画家の「国の盾」という絵がですね、非常に物議を醸しそうな絵なんですが、凄い絵でしたねえ。当時の非常に愛国的な動機から描かれた絵であるにも関わらず陸軍が受け取りを拒否したという。 (via Twitter / mknhrk: 小早川秋聲って画家の「国の盾」という絵がですね、非常に物議を …)

出典: wideangle


たとえばPythonの設計者Guidoへのインタビュー。

■言語のデバッグはどのように行うのですか?

Guido : デバッグはできません。

これはGuidoへのインタビューのかなり冒頭の部分。一見,質問の意図を読んでいないような,KYな返答のように見える。以前Perlの作者 Larry Wallに「Perlの高度な正規表現はどうやってデバッグしているんですか?」と聞いたことがあった。優しい口調で「沢山適切なテストケースを書くしかないね」とまっとうな答えをもらったんだけど,それが普通だよね。実際,生でGuidoみたいな返答をもらったらギョッとするはずだ。

でも,後の方を読んでいると,件の返答は,プログラミング言語というのは,広まる前にバグ的な不具合,または言語設計上の不具合がなくなっているべき,というPythonという言語を作ったGuidoのらしい考え方をよく表している言葉なんだということが分かってくる。その後をよく読むと,言語のコアは小さく,パーサーは小さくあるべきで,機能追加もあまりしないし,といったPythonの言語的思想が語られて,やっと言葉の意図がつかめてくる。最初の方にこの質問を持ってきて,さらにこんな風に答えるのはスゴイと思う。

秀逸な質問とキャラの立った答えが面白い:言語設計者たちが考えること | TRIVIAL TECHNOLOGIES on CLOUD (via otsune)

出典: coreblog.org


1 2 3 4 5